2024年 04月18日(木)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2023.08.13 08:37

「才谷屋」喫茶から塾に 龍馬ファンが屋号つなぐ―ちいきのおと(134)上町3丁目(高知市)

SHARE

喫茶店時代のカウンターはそのまま。龍馬関連の書籍やコーヒーカップも残る「才谷屋」(写真はいずれも高知市3丁目の才谷屋跡)

喫茶店時代のカウンターはそのまま。龍馬関連の書籍やコーヒーカップも残る「才谷屋」(写真はいずれも高知市3丁目の才谷屋跡)


 カウンター席で、子どもが足をぷらぷらしながら教科書を広げる。すぐ後ろの壁に、坂本龍馬の肖像画とポスター。高知市上町3丁目の学習塾「才谷屋」は、大崎史明さん(40)が10年前、坂本家本家があった土地で営まれていた喫茶「さいたにや」の跡地をそのまま引き継いだ。龍馬ファンがつないだ屋号を掲げ、子どもたちを見守っている。

     ◇

 「これ、分からーん」

 小学5年の男児が算数のドリルを示す。大崎さんが後ろから「どこよ?」とのぞき込む。

 才谷屋に通ってくるのは市内外の小中学生6人。全教科を対象に、苦手分野や分からないことを大崎さんが1人で個別に教える。ここは、学校のペースに合わせた補習塾だ。

 「授業に付いていけない子、学校生活になじめない子のための場所。現代版の寺子屋を目指している」と大崎さん。内装は喫茶時代のままで、龍馬関連の書籍や銅像も残る。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知市 坂本龍馬 街ダネ 教育 ちいきのおと

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月