2024年 04月25日(木)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2022.12.16 21:00

【混雑状況を追加】大人が癒やされる…楽しみ方5選 「クリスマスマーケット2022in高知」開催中 高知市で12/25まで

SHARE

本場・ドイツのクリスマスマーケットの温かい雰囲気を再現しています

本場・ドイツのクリスマスマーケットの温かい雰囲気を再現しています


 「クリスマスマーケット2022in高知」が16日、高知市の中央公園で始まりました。ヨーロッパ風に飾り付けられた会場に、ハイセンスな雑貨とスパイスが効いた料理、お酒が並び、友人同士やカップルで過ごすのにぴったりです。

 クリスマス市は500年以上前にドイツなどで始まり、ヨーロッパの冬の観光資源となっています。国内でも都市部を中心に人気が高く、本県での開催を待ちわびていた方も多いのではないでしょうか。開催期間は25日までです。

 クリスマスは子どもたちが喜ぶイメージだけど、大人だって日常を忘れて楽しみたい…。そんな皆さんのために、クリスマス市の「楽しみ方5選」を紹介します。

※混雑状況が分かる12/19(月)の写真を追加しました。「全ての画像を見る」からご覧いただけます。



【楽しみ方①】イルミネーションで気分を高める


 中央公園に近づくと、ゴージャスなイルミネーションが目に飛び込んできます。

16日午後7時ごろの会場

16日午後7時ごろの会場


 会場の中央では、高さ10メートルのきらめくタワーが存在感を放ちます。その上部から放射状にコードが延び、金色の光の粒がテントのように会場全体を覆っています。

 あちこちにサンタや雪の結晶風の飾りがおしゃれに配置され、電飾に照らされています。にぎやかでありながら、暖色系の明かりで会場全体が上品にまとまり、心地よく過ごせそうです。

 会場周辺には、ほかにも光の演出を楽しめるスポットがあります。北側には毎年恒例の大型ツリー(高さ17メートル)、西に歩いて10分の高知城で「Art+ +ひかりの花図鑑」が開催中です。イルミネーションのはしごができそうですね。
(高知城「ひかりの花図鑑」会場の様子と動画はこちら

【楽しみ方②】ヨーロッパに行ったつもりになる

「ヒュッテ」と呼ばれる山小屋風の屋台です

「ヒュッテ」と呼ばれる山小屋風の屋台です

 クリスマスマーケットはヨーロッパ発祥のお祭りです。高知にいながら外国に来たような気分を感じることができます。

 イルミネーションタワーを囲むように並ぶのは、山小屋のような形の出店ブース。これは「ヒュッテ」と呼ばれる小屋で、ドイツ・シュトゥットガルトなどのクリスマスマーケットを再現しています。

 プロデュースしたのは、福岡県で日本最大級のクリスマスマーケットを手掛ける企業「サエキジャパン」(福岡市)。熊本や鹿児島でも運営したノウハウを生かし、本場さながらの温かい雰囲気を演出しています。

 屋台の見た目は外国風ですが、出店しているのは全て高知のお店です。主催の高知市によると、高知でクリスマスマーケットを開くことになった目的の一つが、コロナ禍で打撃を受けた地元商店の応援だそうです。

【楽しみ方③】食事やお酒で温まる

 クリスマスといえば、ごちそうがつきもの。普段なかなか食べないような料理やお酒が楽しめます。寒い冬にぴったりの体が温まるメニューが多いです。

クリスマスマーケットといえば限定カップ。柴田ケイコさんのデザインです

クリスマスマーケットといえば限定カップ。柴田ケイコさんのデザインです

 飲み物の目玉は「グリューワイン」。赤ワインにスパイスと県産ショウガ、シロップを入れて温めた飲み物です。絵本「パンどろぼう」などで有名な人気作家、柴田ケイコさんがデザインしたオリジナルマグカップ(2千個限定)とセット販売しています。

 このほかクラフトビール、生ビール、ホットサングリアなど、いろんなお酒が楽しめます。ホットチョコレート、ホットチャイなど、ノンアルコールの飲み物も用意されています。

迫力満点のスモークターキーレッグ

迫力満点のスモークターキーレッグ

 料理の目玉は、四万十ポークを使ったあらびきソーセージです。ドイツの食品協議会で受賞経験がある農事組合法人「四国デュロックファーム」(四万十町)が協力し、イベントオリジナルの商品として開発。焼きたてを提供しています。

 このほかスモークターキーレッグ、チーズフォンデュ、牛ほほ肉のカシス煮込みなど、特別な日に食べたくなるメニューがずらり。シュトーレンやラム酒入りパウンドケーキ、ヴィーガンドーナツなど甘い物もそろっています。

※日程により出店者が変わります。詳細は記事末尾の公式ホームページをご覧ください

【楽しみ方④】日常を彩る雑貨を買う
 
こだわりの雑貨が並びます

こだわりの雑貨が並びます

 おしゃれな雑貨や日用品が購入できる屋台もあります。

 売り場には、こだわりのアクセサリーが上品に陳列されています。銀や真ちゅうで手作りした指輪やブレスレットは独特の味わいがあります。ヴィンテージボタンで作ったピアス、古いフォークやスプーンをリメークした指輪など、個性あふれる品がそろいます。

 茶わんやカップ、皿、土佐打刃物の包丁など日用品も充実。クリスマスが近づくころにはお花屋さんが出店し、リースやブーケも購入できます。手彫りの消しゴムはんこなどユニークな品も並ぶ予定です。

 お店を見て回るだけでわくわくしてくる、ユニークな雑貨たち。家でも気分を上げてくれそうです。

※日程により出店者が変わります。詳細は記事末尾の公式ホームページをご覧ください


【楽しみ方⑤】スマホで記念写真を撮る

 イルミネーションやおいしいご飯が目の前にあると、思い出をスマホの写真に残したくなります。ただ、暗い場所で写真が上手に撮れず、困ったことがある人も多いのでは?

スマホのライト機能などをうまく使うときれいに撮れます

スマホのライト機能などをうまく使うときれいに撮れます

 高知新聞のカメラマンによると、夜間の撮影にはこつがあるそうです。

★手ぶれを防ぐこつ★
スマホの下部をテーブルなどに置いてシャッターを切りましょう。ちょうど良い置き場所がなければ、脇をぐっとしめてスマホを構えると手ぶれしにくくなります。

★イルミネーションと人物を一緒に撮るこつ★
イルミネーションは人物の背景に写しがちですが、あえて人物の前に電飾を配置できるスポットを探しましょう。顔が明るくなり、きれいに写ります。イルミネーションを背景にするしかない場合は、スマホのライトなどを活用して顔を明るく照らしましょう。

 きれいな写真が撮れますように!
 
 メルヘンとキラキラ感に包まれた会場を歩き、スパイスが効いた飲み物で一息つけば、心までぽかぽか温まってくるような。日々の疲れが癒やされ、このまま穏やかな年末を過ごせそう…な気がするイベントでした。読者の皆さんも、すてきなクリスマスをお過ごしください。
(メディア企画部・竹内悠理菜)

【12/16の写真を追加しました】
撮影にご協力くださった皆さん、ありがとうございました!
パンフレットでお店をチェック

パンフレットでお店をチェック


あいさつするサエキジャパンの佐伯岳大・代表取締役。福岡県で日本最大級のクリスマスマーケットを手掛けています

あいさつするサエキジャパンの佐伯岳大・代表取締役。福岡県で日本最大級のクリスマスマーケットを手掛けています


思い出の写真を撮る学生さんたち

思い出の写真を撮る学生さんたち


良い笑顔です!

良い笑顔です!


カチューシャ、素敵です

カチューシャ、素敵です


はい、チーズ♪

はい、チーズ♪


サンタさんと写真、ポーズがばっちり決まっています

サンタさんと写真、ポーズがばっちり決まっています


シロクマさんと写真が撮れます

シロクマさんと写真が撮れます


県産食材を使ったクリスマス料理を食べることができます

県産食材を使ったクリスマス料理を食べることができます


ポーズ取ってくれてありがとうございます!また写ってくださいね

ポーズ取ってくれてありがとうございます!また写ってくださいね


※12月16日の混雑具合が分かる写真を用意しています。こちらへどうぞ!


期間 2022年12月16~25日

平日 17:00~21:30
土日 11:00~21:30

※24、25日は年末恒例の「まぐろ消費拡大直販市」(県まぐろ船主組合主催)を開催。ミナミマグロや本マグロをお値打ち価格で購入できます。
9:00~売り切れまで(7:00から整理券を配布します)

主催:高知市
出店情報など、公式ホームページはこちら

高知のニュース 高知市 WEB限定 催事・イベント

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月