2022年 08月10日(水)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.08.06 08:45

広島原爆「生き地獄やった」 被爆者看護した武政さん(高知県四万十町) 述懐

SHARE

「戦争は嫌」と話す武政良子さん(四万十町東町)

「戦争は嫌」と話す武政良子さん(四万十町東町)

 77年前の8月6日、原子爆弾が世界で初めて広島市に投下された。武政良子さん(93)=高岡郡四万十町東町=は、自らも被ばくしながら看護師としてけが人の救護に当たった。重いやけどを負った人が次々に死んでいくのを目にし、「地獄は見たことないけど、生き地獄やった」と振り返る。

 武政さんは旧幡多郡大正村(現四万十町大正)の出身。7人きょうだいの末っ子で、幼少期に父を亡くしたこともあり、1943年に地元の国民学校高等科(現在の中学校)を卒業した後、看護師になるため岡山県にあった傷痍(しょうい)軍人岡山療養所付属の養成所に入った。

 2年間の研修を経て療養所で結核患者を担当していたところ、終戦を迎えた8月15日に「広島に原子爆弾が落とされたらしい。どうしようもないので、応援に行ってもらいたい」と告げられた。療養所には90人ほどの看護師がいたが、選ばれたのは武政さんら20人ほど。理由は定かではないが「身長が164センチあったき、力がありそうに思えたんかねえ」。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 四万十町 語り継ぐ戦争・戦後

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月