2024年 02月24日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知龍馬マラソン2024写真販売
高知新聞PLUSの活用法

2022.07.05 08:40

よさこい特別演舞、地方車共用企画に11チーム コロナ禍の資金難「救われた」 元競演場トップ音頭で6台登場〈高知 よさこい 2022〉

SHARE

イラスト・竹内宏樹

イラスト・竹内宏樹

 今夏の「よさこい鳴子踊り特別演舞」に、高知県内外の11チームが6台の地方車を共同利用して出場する。よさこいに30年以上携わる男性の呼び掛けで実現した企画で、各会場に臨機応変に配車する形で運営。企画に参加するチームは「救われた」と喜んでいる。

 例年のよさこい祭りでは、チームごとに地方車を用意するのがルール。作成には音響機器のレンタル料や照明代などを含め、80万~200万円は必要とされる。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース よさこい祭り

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月