2022年 05月21日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.05.14 08:36

土佐のおきゃく、久々に街で 各種イベント開催 高知市の中央公園など

SHARE

鏡開きをする関係者ら(高知市の中央公園=反田浩昭撮影)

鏡開きをする関係者ら(高知市の中央公園=反田浩昭撮影)

 高知の酒文化を楽しむ「土佐の『おきゃく』2022」が高知市の中心街で開かれている。新型コロナウイルスの影響で、お街を舞台とした宴会は3年ぶり。メイン会場の中央公園では13日、ご当地グルメが並び、来場者は降りしきる雨のなか、久々の〝おきゃくムード〟を楽しんだ。

 「おきゃく」は土佐の食や酒を楽しむイベント。2006年に始まったが、新型コロナ下で20年は中止、昨年はオンライン開催に。今年は3~7月の分散開催で、約20のイベントを展開している。

 中央公園では感染対策として席数を例年の半分(250席)に。最大2時間半の時間制限を設けている。

 夕方のオープニングセレモニーでは、浜田省司知事らが「土佐のおきゃくが始まるぜよ!」と鏡開き。アユの塩焼きや四万十牛の串焼きなどの屋台が並び、ステージではよさこい鳴子踊りや音楽ライブが披露された。

 高知市の清水紀明さん(49)は、仕事の配達終わりに友人2人と一杯。ビールをぐびっと飲み干し「至福のひとときや~」。徳島県出身という男性(36)は「ネットでおきゃくの動画を見て楽しみにしてたけど、雨で人が少なく残念。来年こそはわいわい酔いしれたい」と、同僚と静かに乾杯した。

 同公園のおきゃくイベントは15日まで。近隣の商店街などでも開催される。(浜田悠伽)

高知のニュース 高知市 観光 街ダネ 催事・イベント

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月