2022年 07月02日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.04.21 08:33

東洋町野根川沿いにキャンプ場 4/23オープン サウナやドラム缶風呂も

SHARE

23日にオープンする清流の里野根川オートキャンプ場(写真はいずれも東洋町野根乙)

23日にオープンする清流の里野根川オートキャンプ場(写真はいずれも東洋町野根乙)

 安芸郡東洋町野根乙の野根川沿いに23日、「清流の里野根川オートキャンプ場」がオープンする。従来のマリンレジャーなどに加えて川の魅力を発信しようと町が整備し、活性化の拠点にと期待している。

 新キャンプ場は、同町野根甲の国道55号から北へ約10キロ進んだ川沿いの町有地約2900平方メートルを活用。総事業費4217万円をかけ整備した。管理運営は町観光振興協会に委託する。

 敷地内には車を横付けできるオートキャンプサイト8区画と、1日3組を受け入れるフリーサイトを整備。全面芝生で、オートキャンプサイトは電源も備える。共用のシャワーやトイレ、炊事棟などのほか、野根川の眺めを楽しめるテント型サウナやドラム缶風呂(着衣利用)も構えている。

野趣あふれるドラム缶風呂も構える

野趣あふれるドラム缶風呂も構える


 夏ごろまでにはテントや寝具などのレンタルも始める予定。管理者の高松健太郎さん(45)は「中心地から離れているからこその静けさや自然の中で非日常を満喫できる。家族連れでもソロでも楽しんでほしい」と話している。

 料金はオートキャンプサイトが1泊4400円、フリーサイトが同3300円、サウナ60分1人千円(高校生以下無料)、ドラム缶風呂90分1組2500円など。キャンプ場情報サイト「なっぷ」から予約できる。問い合わせは同協会(0887・23・9500)へ。(板垣篤志)

高知のニュース 東洋町 観光 新店オープン 遊び場

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月