2024年 07月21日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2022.01.01 08:38

高知(ここ)に住まう 県都マンション建設ラッシュ「第3波」バブル期は1000戸に迫る

SHARE

追手筋沿いで開発が進む分譲マンション(高知市追手筋1丁目)

追手筋沿いで開発が進む分譲マンション(高知市追手筋1丁目)

 高知市の中心部で起きているマンションの建設ラッシュ。高知県のマンション開発史をひもとくと、これまでも、経済情勢とともに着工の「波」を繰り返してきた。

 国土交通省の統計を基にした、県内の分譲マンション(木造などを除く共同住宅)の着工戸数は〈グラフ〉の通り。

 1970年代からぽつぽつ建ち始めたマンションは、バブル期に跳ね上がる。特に90年度はわずか1年で988戸と、大台に迫る勢いだった。これが第1の波だ。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知市 施設・建築・開発 高知に住まう

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月