2022年 01月21日(金)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.12.05 08:38

若さ輝くよさこい演舞 高知市で土佐学生交流祭に140人 

SHARE

威勢良く演舞を披露する大学生たち(高知市の中央公園)

威勢良く演舞を披露する大学生たち(高知市の中央公園)

 「土佐学生よさこい交流祭2021」が4日、高知市の中央公園で行われた。高知大生や高知県立大生による県内4チーム約140人が若さあふれる演舞を披露。「来年こそ夏のよさこい祭りに」と決意を新たにした。

 一昨年夏、県内外の学生チームによる「土佐学生よさこい大会」が初開催されたが、その後は新型コロナウイルス禍で2年連続の中止に。交流祭は昨年と同様、規模を縮小した代替イベントとして実行委員会が企画した。

 高知大4年の大熊理子委員長(22)が「輝く、熱い演舞を楽しんで」と観客にあいさつ。「叢雲(むらくも)」「旅鯨人(たびげいにん)」「炎(ほむら)」「粋恋(すいれん)」が次々とステージに上がり、鳴子の音を響かせた。

 各チームは激しい振り付けや優雅な音楽など、それぞれの持ち味を全力でアピール。よさこいのクイズや正調の総踊りなどで観客と一緒に盛り上がった。

 「旅鯨人」の新村美友さん(20)は「コロナが広がるたびに活動が停止になって大変だったけど、今日は他の学生チームと楽しく交流ができて良かった」とにっこり。「炎」の越尾(こよお)俊介さん(20)は「人前で踊るのは今日が初めて。本当にありがたいことだ。来年こそ夏のストリートではじけたい」と話していた。(大野泰士)

高知のニュース 高知市 よさこい祭り

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月