2022年 01月21日(金)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.12.04 08:40

感情燃やして書いた!おとどちゃん初エッセー本「桂浜水族館ダイアリー」小説宝石の連載収載

SHARE

「開館100周年に向けて映像化を目指す」と語るおとどちゃんと職員(高知市浦戸)

「開館100周年に向けて映像化を目指す」と語るおとどちゃんと職員(高知市浦戸)

 桂浜水族館の公式キャラクター「おとどちゃん」がこのほど、初のエッセー本「桂浜水族館ダイアリー」を出版した。「自分の居場所がどこにも見出せないことが生き苦しくてたまらなかった」「しっかり食べて、いっぱい遊んで、全力で仕事して、胸を張って笑おう」―。自身の迷いや、個性豊かな職員と過ごす日々の素晴らしさをつづっている。

 おとどちゃんは、2016年の同館の設立85周年に生まれたキャラ。広報担当としてツイッターでつぶやいており、フォロワー数は21万人。そのユニークな文章に目を付けた出版社「光文社」がエッセー執筆を依頼し、20年12月号から21年10月号まで文芸誌「小説宝石」で連載した。

 本は、そのエッセー全8本をまとめて掲載。帯には南海キャンディーズの山里亮太さんが「こんなに素敵で素晴らしいドラマ、映画化しませんか」との言葉を寄せている。

 エッセーは、新型コロナウイルス下で戦後初の長期休館を余儀なくされたり、コツメカワウソの赤ちゃんが亡くなったり。明るいだけではない水族館の姿が記録され、丸刈りの海獣班リーダー、ベテランのおんちゃん、ヒーローマニアの飼育員…らに焦点を当てた内容。ツイッターで受け付けた、悩み相談に答えたページも設けた。

 おとどちゃんによると、エッセーの執筆は決まって深夜、お酒をあおりながら。「大切な仲間を思って涙で顔をぐしゃぐしゃにして、感情を燃やしながら」書いていたという。広報担当の森香央理さん(31)は、「ハマスイを愛してくれる人へ気持ちを返したいっていう、おとどの魂がこもってます」とPR。「読むと、きっと職員に会いたくなるはず。気軽に本を手に取ってみて」と呼び掛けている。

 四六判で1540円(税込み)。4日午後1時から、金高堂書店本店(高知市帯屋町2丁目)で出版記念イベントを行う。(福井里実)

高知のニュース 高知市 文学 遊び場

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月