2021年 12月06日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.11.24 08:44

絶景!駅近の異世界「佐川ナウマンカルスト」映える岩々、親子象がお出迎え

SHARE

雄大な景色が広がる佐川ナウマンカルスト(写真はいずれも佐川町甲)

雄大な景色が広がる佐川ナウマンカルスト(写真はいずれも佐川町甲)


佐川中生 手作り案内板

 「カルスト」と言えば、真っ先に思い浮かぶのは、高知、愛媛県境にある四国カルストだろう。ただ本県には、最寄り駅から徒歩約20分というお手軽な場所に絶景があることをご存じだろうか。一度は耳にしたことがあるかもしれない。その名は「佐川ナウマンカルスト」。

 「映える」穴場スポット、「佐川ナウマンカルスト」はお手軽な場所にある。高岡郡佐川町のJR佐川駅から国道494号を南へ。さかわナウマングラウンドから脇道を進み、古ぼけた看板に沿って坂道を上がっていくと、いきなりバーンとカルストが目に飛び込んでくる。

密集した石灰岩が荒波のようにも見える佐川ナウマンカルスト

密集した石灰岩が荒波のようにも見える佐川ナウマンカルスト

 無数のゴツゴツした岩は、水に溶けやすい石灰岩の台地が雨水などで浸食され、残ったもの。ナウマンカルストは町の指定文化財で、明治時代に町を訪れたドイツの地質学者、エドムント・ナウマンにちなんで命名された。

 1986年、山林だった場所を町が公園に整備。約2ヘクタールの山肌には、さまざまな形の石灰岩がニョキニョキ。岩が密集している場所は荒波のようだ。巨大なナウマン象の像も圧巻で、全長9・2メートル、高さ5・5メートルの親象に、子象が寄り添う。

巨大なナウマン象の像

巨大なナウマン象の像

 ステージもあり、公園化から90年代までは大規模な野外コンサートも開かれにぎわったが…。

 近年は町内のアマチュアバンドが年に1回、ミニライブをする程度だという。町やさかわ観光協会のホームページで紹介しているものの、観光協会の職員は「月平均1、2回、行き方などの問い合わせはあるが、マムシが出ることもあり積極的には発信しづらくて」。

佐川中学校の生徒が設置した手作りの案内板

佐川中学校の生徒が設置した手作りの案内板

 本年度は佐川中学校の3年生が総合的な学習の時間にカルストのPR策を考え、新たに手作りの案内板やベンチを設置。11月にはクイズラリーや映画上映などのイベントも開かれた。ネットには「小規模だが、なかなか見られない珍しい風景」「異国に来たかのような幻想的な世界」などの紹介がちらほら上がっている。これは再評価の兆し!?

 ◇  ◇ 

 とある快晴の週末。約20年ぶりにナウマンカルストを訪れた町出身男性(36)。佐川高校生のころ、夕方に友人とミニバイクで上がってきてはギターを奏で歌っていたそう。「懐かしいなあ。変わってない。またバンド仲間と集まって、野外ライブとかできんかな。今度は息子も連れてきます」

 予想以上に人がやってくる。ネット記事でカルストを知ったという高知市の20代姉妹は「ファンタジックで、めっちゃ好き。草原に岩しかない異世界のような景色が、こんなところで見られるなんて!」と熱心に写真撮影していた。

 高松市の団体職員、秋庭祐規子さん(34)は、旅行先を探し地図アプリを眺めている時に、偶然ナウマンカルストを見つけ、夫婦でやってきた。「さっきまで町中だったのに、急に現れて衝撃的。わざわざ来てよかった」と興奮していた。

 観光協会の職員も「駅から歩いてカルストが見られるところは、ほかにないのでは」と、ちょっと控えめに自慢する絶景。マムシ対策を万全にし、異世界体験に訪れてみては。車でも行けるものの、道幅は狭い。麓にある妙像寺の駐車場は、使用厳禁。(楠瀬健太)

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 佐川町 自然・植物 遊び場

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月