2021年 12月09日(木)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.10.23 08:00

医療用かつらに髪を寄付、高知市の親子3人が挑戦 広がるヘアドネーション

SHARE

ヘアドネーションに挑戦した明神さん親子(高知市北新田町の「SOHO new york高知北新田店」)

ヘアドネーションに挑戦した明神さん親子(高知市北新田町の「SOHO new york高知北新田店」)

 病気などで医療用ウィッグ(かつら)を必要とする人のために髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」が高知県内でも広がっています。高知市の親子3人が「困っている人の力になりたい」と初挑戦。長く伸ばした髪をそろって切りました。

 ヘアドネーションは1990年代に米国で普及した活動。日本では2009年に大阪の美容師がNPO法人「Japan Hair Donation&Charity」(JHD&C=ジャーダック)を立ち上げ、寄付された髪で子ども用ウィッグを作り、無償で提供しています。

 今回挑戦したのは、高知市の明神由起さん(50)と、長女で春野東小2年の愛里さん、次女で春野平和保育園年長の優里さんの3人です。

 寄付できる髪は長さ31センチ以上。由起さんは「パーマでも白髪が交じっていても寄付できると知り、子どもたちと始めました」。「毎日、乾かすのが大変だった」と振り返る一方で、愛里さんは「おだんごとかしてみた」。ロングヘアを楽しみながら、3~4年かけて伸ばしました。

 カットは同市内の美容室で、3人そろって行いました。髪を小さい束に分けてゴムで結び、切っていきます。長さを確保するため、ばっさりショートヘアになった愛里さんは「今日からまた伸ばす!」。由起さんは「親子で『病気の人を助けたいね』と頑張ってきたので、一緒に切ってもらえてよかった」と話していました。

 JHD&Cではこれまでに500個以上のウィッグを提供してきました。職業や髪質などから髪を伸ばせない人のために、返礼品付きの募金など「髪を切らないヘアドネーション」も呼び掛けています。渡辺貴一代表は「髪を切っても切らなくても参加できる活動に育てていきたい」と話しています。(門田朋三)

 ◇ 
 子育て応援ウェブメディア「ココハレ」で親子のヘアドネーションに密着しています。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知市 すこやか子育て

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月