2021年 12月05日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.10.22 08:25

「冬春ナス」安芸市で収穫本格化 高血圧改善訴え販促

SHARE

つやつやに育った冬春ナスの収穫が本格化している(安芸市土居)

つやつやに育った冬春ナスの収穫が本格化している(安芸市土居)

 冬春ナスの収穫が本格化し、安芸市などのハウスで農家が収穫に汗を流している。県産の冬春ナスは昨年、高血圧改善効果がある機能性表示食品に登録されており、生産者らは消費拡大に期待している。

 冬春ナスは10月中旬から6月末ごろまで収穫される。安芸郡芸西村以東のJA高知県安芸地区管内は日本一の出荷量を誇る。約650人が140ヘクタールで生産しており、今年は例年並みの1万9千トンを見込んでいる。

 血圧改善に作用するコリンエステルが豊富に含まれ、1日2本(約100グラム)食べると効果があるという。JA関係者は販売促進に向けアピールに力を入れている。

 安芸市土居の影山直人さん(51)も、つやつやに育ったナスの収穫に大忙し。出荷が始まるこの時季は特に実が柔らかくおいしいという。影山さんは「順調で生育も良い。ナスのたたきにユズポン酢をかけて食べるのがおすすめ」と話していた。(森部智成)

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 安芸市 農業

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月