2021年 12月09日(木)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.10.22 08:39

巨大タヌキがぴっかぴかに 高知県香美市の龍河温泉、初のお色直し

SHARE

初めてお色直しされ、ぴかぴかによみがえった龍河温泉名物の大ダヌキ(香美市土佐山田町佐古薮)

初めてお色直しされ、ぴかぴかによみがえった龍河温泉名物の大ダヌキ(香美市土佐山田町佐古薮)

 お目々もおなかもぴっかぴか―。香美市土佐山田町佐古薮の龍河温泉に立つ高さ約5・4メートル、重さ約9トンの信楽狸(たぬき)がこのほど、1992年の登場以来、初めてお色直しされた。住民らは「地域の守り神が若返った」と喜んでいる。

 信楽狸は、商売繁盛の縁起物とされるタヌキの置物。同温泉を創業した小松孝さん(77)が温泉の繁盛を願い、全国に5体しか出回っていなかったというコンクリート製の大ダヌキを本場の滋賀県甲賀市で買い付けて設置した。
  
 以来29年。風雨に耐え続けたタヌキはコンクリがちびて汚れ、色も落ちて〝古狸〟化していたため、温泉のリニューアルに合わせて15~17日に補修された。黒ずんでいた腹は真っ白に、白かった目は黒々と塗られ、近所の人らは「長らく白内障やったが見違えたねえ」と笑った。

 甲賀市信楽町の観光協会によると、龍河温泉の信楽狸は国内2番目の大きさ。小松さんは「タヌキの神通力にあやかって、地域も元気になってほしい」と願っていた。(横田宰成)

高知のニュース 香美市 観光 街ダネ

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月