2021年 12月05日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.10.20 08:34

雌のマレーグマ、タオチイ死ぬ 高知県立のいち動物公園 同ペア繁殖例国内最多6頭を出産

SHARE

推定27歳で死んだ雌のタオチイ。6頭を出産した(県立のいち動物公園提供)

推定27歳で死んだ雌のタオチイ。6頭を出産した(県立のいち動物公園提供)

 高知県立のいち動物公園(香南市野市町)で飼育されていた雌のマレーグマ、タオチイがこのほど、衰弱のため同園で死んだ。推定27歳。同い年の雄、ワンピイと相性が良く、2011年までに6頭を出産し、同じペアの繁殖例では国内最多だった。

 マレーグマは東南アジアや中国南部に生息。体長1・2メートルほどとクマ科では一番小さく、長いつめと胸にある月の模様が特徴。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 香南市 動物・生き物

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月