2021年 12月06日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.10.14 08:20

魚信 絶品!珍品?魚ん一皿 生き餌刺し

SHARE

 身近な魚(びんび)料理を紹介し合う読者参加型の新コーナーです。食べた一皿の写真に味や感想、調理の工夫などエピソードを添えて魚信編集部にお送りください。釣った魚、もらった魚、買った魚、お店で味わった魚…。何でもOK! 

友だち追加
 
   ◇

 秋。土佐湾の好ターゲットの一つがネイリ(カンパチ)だろう。ジグで狙う人もいれば、生き餌で釣る人も。引きが強くて、食べてもおいしい。釣るしかない。いざ出船!

 毎度のことながら、安定の貧果をたたき出す私。足元のバケツには、生き餌にするために釣ったアジゴ20匹が残された。手のひらより小さい豆サイズだが、なんせ生きているから鮮度は抜群だ。

 帰宅後、「ネイリは?」と聞いてくる家族をにらみつけ、氷に漬かった豆アジを厳かにまな板へ。ペティナイフで丁寧におろしていく。よ~し、できた。「生き餌刺し」。アジの身2、3枚と高知産ミョウガの千切りを豪快に箸で挟み、がぶりっ。「んまぁ~」。小さいのにうま味も脂もいっちょ前。こんなうまいもの、なんで食わんのかね、ネイリ君?(高知新聞・ハチ)

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知の釣り

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月