2021年 10月26日(火)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.08.19 08:38

障害ある人も読書楽しんで オーテピアが支援サービス周知に注力 高知市

SHARE

録音図書の再生機やタブレットなど。すべて無料で宅配貸し出しする(高知市の「オーテピア高知声と点字の図書館」)

録音図書の再生機やタブレットなど。すべて無料で宅配貸し出しする(高知市の「オーテピア高知声と点字の図書館」)

 高知市の「オーテピア」がバリアフリーサービスの周知・拡充に力を注いでいる。対面音訳など障害のある人たちも読書を楽しめる機能をそろえる同館だが、県内の障害者向けに昨年行ったアンケートでは約7割がサービス内容を知らないと回答。「必要とする人に情報が行き届いていない」と、新たな取り組みに着手した。

 ことし7月で開館3周年となったオーテピア。昨年度は新型コロナウイルスの影響で約1カ月休館したが、オーテピア高知図書館の個人貸出数は約102万冊と、幅広い層に利用されている。

 1階の「オーテピア高知声と点字の図書館」では、録音や点字図書などを所蔵するだけでなく、読書が困難な人に向けて、図書や再生機の無料宅配貸し出し▽対面音訳▽利用方法を説明する訪問サポート―などを実施。坂本康久館長によると「これほどのサービスを行う図書館は全国でも少ない」という。

 ただ、それが浸透しているとは言えない状況だ。図書館が昨年9~10月、満足度やニーズ把握のため県内の身体、知的障害者ら610人にアンケートしたところ、サービスを「知らない」が69・3%に上り、「知っているが利用したことはない」が21・6%、「利用経験がある」は9・1%だった。

 弱視などの視覚障害や寝たきりの人ら、読書が困難な状況にある人は県内に数万人いると推計される。一方、同図書館の利用登録者は500人ほど。「本が好きなのに諦めている人がいる」(坂本館長)として、同図書館は、障害者施設や医療機関を通じてサービスを紹介してもらうことにした。

 併せて7月から、再生用タブレットの個人貸し出しや、電話1本で利用できる登録不要のお試し体験サービスを開始。来春までに、ボタン操作がより簡単な携帯型の録音図書再生機を60台導入し、さらにサービスを充実させる。

 坂本館長は「あらゆる人が、いつまでも本の世界を楽しめる環境を提供したい」と話している。問い合わせは同図書館(088・823・9488)へ。(石丸静香)

高知のニュース 高知市 福祉

注目の記事



いかがですか