2021年 10月25日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.08.31 08:29

池主将(高知市)「銅メダル取れてホッと」車いすラグビー日本代表が会見「現在地知らされた」

SHARE

2大会連続の銅メダルを獲得し、記者会見する車いすラグビー日本代表の池透暢主将=都内(代表撮影)

2大会連続の銅メダルを獲得し、記者会見する車いすラグビー日本代表の池透暢主将=都内(代表撮影)

 東京パラリンピックで2大会連続の銅メダルを獲得した車いすラグビー日本代表は30日、東京都内で記者会見に臨んだ。3位決定戦から一夜明け、池透暢(ゆきのぶ)主将(41)=高知市、日興アセットマネジメント=らが「目標の金メダルに届かなかった悔しさはあるが、熱いエールを送ってくれた日本中の人のために銅メダルを取れて、少しホッとしている」などと心境を語った。

 池主将やエースの池崎大輔選手、ケビン・オアー監督ら13人が出席した。池主将は「今の日本の現在地を知らされた大会」と東京パラを総括。「金を取れるかもしれないチームにはなったと思う」と分析する一方、「細やかで綿密な準備の差が、最終的にメダルの色の差になって表れたのだと思う」とも指摘した。

 メダルを取った自身へのご褒美を聞かれると、「競技を突き詰めていくと、なかなか自由な時間がなくなるので。その時間を失わせてしまった家族のやりたいことを、自分がかなえられたらいいなと。あとは、応援してくれた小学生時代からの友人たちと話をしたいですね」と笑顔を見せた。(井上真一)

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 東京五輪

注目の記事


いかがですか