2021年 12月03日(金)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.07.18 08:37

かんきつ王国に夏の香り、グリーンレモン・青ユズ収穫期 高知・香南市

SHARE

みずみずしく育った青ユズ=手前=とグリーンレモン(香南市香我美町山北)

みずみずしく育った青ユズ=手前=とグリーンレモン(香南市香我美町山北)

 香南市に爽やかな夏の香りが漂い始めた。同市香我美町山北でグリーンレモンと青ユズの収穫が最盛期。生産者が摘み取りに汗を流している。

 室温38度のビニールハウス内。はさみを動かすのは、近森一夫さん(70)、寛臣さん(43)親子だ。一夫さんが50年前に始めた青ユズに加え、レモンも栽培。毎年計21アールで約6・2トンを収穫する。

 同市内は、代名詞の「山北ミカン」のほかにも、20種類以上が栽培されている、かんきつ類の〝王国〟。JAの担当者は、「地中海性に似た気候と石灰質の土が向いているのではないか」と話す。
 
 一時は輸入レモンに押されたものの、7、8年前から塩レモンがブームに。皮ごと使われるようになり、防腐剤を使っていない国産レモンの需要が高まった。現在出荷している東京や愛知など7都県からの引き合いが多く、県内のスーパーで見る機会は少ないという。

 レモンを口に運ぶと、まろやかな酸味と豊かな風味が広がる。近森さん親子は「今年も果汁をたっぷり含んで最高の出来。これでサワーでもやったらおいしいねえ」といとおしそうに木々を見つめていた。(深田恵衣)

高知のニュース 香南市 農業

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月