2021年 11月30日(火)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.07.06 08:39

自動運転×不織布=安全!広瀬製紙(土佐市)開発、レーダー周囲の不要な電波吸収

SHARE

広瀬製紙が開発した「ミリ波吸収体」(土佐市高岡町丙)


 実用研究が進む自動運転車用に、広瀬製紙(土佐市、岡田祥司社長)が高機能な不織布を開発した。車の「目」となるレーダーの周囲に貼ると不要な電波を吸収し、安全性の向上につながるという。新製品は吸収力が高い上に、軽くて薄い。国内外の自動車関連メーカーに販売する。

 広瀬製紙は抄紙機を使って、断熱性や絶縁性、耐アルカリ性などの機能を持たせた不織布を生産している。主力は、アルカリマンガン電池向けセパレーター(絶縁紙)と、排水のろ過などに使われる「MF/UF膜支持体」。昨年からはマスク用のフィルターも好調だ。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 土佐市

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月