2021年 11月30日(火)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.04.11 08:50

追跡・白いダイヤ~高知の現場から~第二部 流通(11)闇業者がもうけるだけ

SHARE

出荷前の親ウナギ。取引価格は値上がりの一途だ(高知県内)

 宮崎県で養鰻(ようまん)業を営む中村宗生さん(84)は5年ほど前、高知県を訪れた。10人近くの高知の同業者が集まった夜の宴席。こんな抗議を受けたという。

 「そんなに高く魚(シラスウナギ)を買ったら、もうからんでしょ? 宮崎の人たちが高く買うから、どんどん値が上がるがですよっ」

 高知市内の量販店で売られる国産ウナギのかば焼きは、十数年前までは1匹千円以下だった。それが昨年は3千円近くまで値上がりした。

 九州勢の高買いも含め、全国的なシラスの奪い合いで値が上がり、一部の業者は巨額のもうけを手にしている。その分、消費者にしわ寄せが来ているのではないか―。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 白いダイヤ

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月