2021.10.06 08:33

のいち動物公園ハシビロコウ「はるる」死ぬ 7歳の雌、ファンら別れ惜しむ

 「動かない鳥」として知られる県立のいち動物公園(香南市野市町)の人気者、ハシビロコウの雌「はるる」(推定7歳)が3日朝、死んだ。ファンらは花をささげ、「もう、はるるちゃんに会えん」と別れを惜しんだ。

 ハシビロコウは、コウノトリやペリカンなどの仲間の大型鳥類。アフリカに生息する希少種で、獲物を辛抱強く待つ姿から「動かない鳥」といわれる。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ