2021.10.02 08:37

隈研吾さん設計「雲の上のホテル」さよなら 梼原町、隈さん新設計で2024年再開

現施設での営業を終え、備品などが運び出される「雲の上のホテル・レストラン」(梼原町)
現施設での営業を終え、備品などが運び出される「雲の上のホテル・レストラン」(梼原町)

 建築家、隈研吾さんが設計した高岡郡梼原町太郎川の「雲の上のホテル・レストラン」が1日、現施設での営業を終えた。隈さんが最初に手掛けた木造建築として知られた建物は新施設への建て替えに向け、10月中にも解体が始まる。新施設も隈さんの事務所が設計し、2024年4月のオープンを目指す。

 ホテルは1994年、町が約6億2千万円で国道197号沿いの太郎川公園に建設。雲をイメージした飛行機の翼のような屋根が特徴で、町のシンボルとして長年親しまれた。しかし、雨漏りなど老朽化が進んだため、2020年12月に町が建て替えを発表していた。

 最後の宿泊日となった9月30日は、県内外の観光客ら25人が滞在。千葉県から妻と初めて訪れた会社員、吉岡康明さん(62)は「前から来たかったので、ぎりぎり最後に来られて良かった。他にはないデザインで、取り壊しは残念でもったいないですが、新しくなればまた来たい」と、建物を写真に収めていた。

 新型コロナウイルス禍にもかかわらず4月以降ほぼ満室が続いたそうで、青木慎也支配人(46)は「隈さんの建築ということで多くの人が訪れてくれた。なくなるのは名残惜しいが、地元や旅行客に愛されるいい新施設を造っていきたい」と話し、備品などの搬出を見つめていた。

 隣接する「隈研吾の小さなミュージアム」も当面の間、閉鎖となる。(富尾和方)

ページトップへ