2021.09.17 08:33

宿毛でオオトカゲ失踪騒ぎ 飼い主宅で2時間後発見

 16日午後4時40分ごろ、宿毛署に宿毛市萩原の男性から「ペットのナイルオオトカゲが逃げ出した」との通報があった。同署が住民に防災無線で注意喚起し、署員らが付近を捜索する騒ぎとなったが、トカゲは約2時間後、男性の自宅で無事に見つかった。

 ナイルオオトカゲはアフリカの熱帯雨林などに生息する肉食のトカゲ。カエルや貝類、ほ乳類を食べ、大きな個体では体長2メートルほどになるという。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース事件事故幡多

ページトップへ