2021.09.09 08:36

高知県黒潮町の古民家改修、交流宿に 建築士男性がゲストハウス開業

築130年の古民家を改修した「加持ノ宿」(写真はいずれも黒潮町加持)
築130年の古民家を改修した「加持ノ宿」(写真はいずれも黒潮町加持)

 築130年の古民家を大規模改修したゲストハウス(簡易宿泊施設)「加持ノ宿」がこのほど、幡多郡黒潮町加持にオープンした。建築時の重厚な梁(はり)を生かしたデザインで、経営する1級建築士の川島建人さん(30)=四万十市右山元町1丁目=は「古民家の趣を大切にした。旅人だけでなく、地域の人にも使ってもらいたい」と話している。

 学生時代の海外留学時にゲストハウスを利用した川島さん。「さまざまな国籍の人と交流するわくわく感が忘れられない」と、2011年から県内の設計事務所で働く傍ら、30歳までに地元でゲストハウスを経営したいとの夢を温めてきた。

 20年に事務所から独立して実現に着手。「せっかくなら変わったものを自分で設計したい」と、良い状態で梁が残っている古民家を探し、ミカン農家の住まいだった理想の物件に出合った。

宿泊客が交流できる共用スペース
宿泊客が交流できる共用スペース

 自ら図面を引いて1年がかりで改修した宿は、約420平方メートルの敷地にいずれも木造の2階建て母屋と平屋の別棟が立つ。1~4人が7組まで宿泊でき、和洋の客室や吹き抜けの共用スペース、ギャラリー空間を備え、宿泊のほかレンタルスペースとしての活用も予定している。

 新型コロナウイルス禍にオープンが重なり、川島さんは「さあやるぞ、と動きだした直後にコロナが来た」と苦笑い。それでも「やるからには地域に貢献したい。旅人と地域の人が交流するプラットホームのような場にしたい」と前向きに語っていた。

 予約、問い合わせは加持ノ宿(090・8829・8860)へ。(河本真澄)

ページトップへ