2021.09.04 08:25

〝星の先生〟星ふるヴィレッジで天体観測指導 高知県津野町に駐在、五藤光学の小沢さん

「南十字星の観測にも挑戦したい」と話す小沢祐二さん(津野町の星ふるヴィレッジTENGU=山下正晃撮影)
「南十字星の観測にも挑戦したい」と話す小沢祐二さん(津野町の星ふるヴィレッジTENGU=山下正晃撮影)
 高岡郡津野町が総務省の企業人材派遣制度を活用し、頼もしい〝星の先生〟を受け入れている。7月に新装オープンした宿泊施設「星ふるヴィレッジTENGU」の天文台やプラネタリウムを手掛けた五藤光学研究所(東京都)の小沢祐二さん(67)=芳生野甲。施設運営や職員の指導に加え、子どもたちへの授業も行うなど奮闘している。

 小沢さんは長野県出身で神奈川県の大学を卒業後、同社に入社。プラネタリウムの設計や施工、制御システムづくりに長く携わり、世界中で日食を撮影するなど実際の天体観測経験も豊富だ。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース地域おこし高幡

ページトップへ