2021.07.28 08:36

高知市夏季大学ノート コロナ時代を生き抜くチカラ ~皆さんと一緒に考える~ 教育評論家・尾木直樹

子どもに生き延びる力を
 去年3月、新型コロナウイルスの影響で小中高が一斉休校になりました。安倍さんが突然、記者発表して学校現場は大慌て。準備もできず、生徒はプリントをどんどん渡された。面倒をみられない家庭もあるから、教育格差が広がった。

 授業が再開すると、学校は勉強の遅れを取り戻すのに必死で、授業数を増やしたり、夏休みを削ったり。生徒が理解したかどうかをはかるため、テストばかりの学校も。教えたことを評価すべきなのに、教えてないことを評価してる。文科省は、それを特例措置としたわけ。これじゃ「教育虐待」だって、僕は怒った。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ