2021.07.28 08:38

高知・大月での養殖エビ、本格販売スタート 1万匹用意「町の代表産品に」

本格出荷が始まった大月町産バナメイエビ(同町の新沿岸陸上養殖)
本格出荷が始まった大月町産バナメイエビ(同町の新沿岸陸上養殖)
 食用バナメイエビの種苗生産に取り組んできた高知県幡多郡大月町橘浦の新沿岸陸上養殖が今月、成長した親エビの販売を本格的にスタートさせた。用意した親エビはこれまでの出荷実績の10倍以上。国内では稚エビを海外産に頼る養殖業者が大半で、代表者は「大月生まれの大月育ち。町を代表する産品に育てたい」と話している。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース水産・漁業幡多

ページトップへ