2021.07.24 08:36

布小物への思い22年...展示会続けた女性宅で遺作展 7/25高知県香南市

つるし飾りやえとの人形など、亡き河野みね子さんが手掛けた色とりどりの布小物が並ぶ遺作展(香南市野市町西野)
つるし飾りやえとの人形など、亡き河野みね子さんが手掛けた色とりどりの布小物が並ぶ遺作展(香南市野市町西野)
 22年にわたって毎月、自宅で布小物の展示会を続けていた女性が先月、病気のため68歳で他界した。香南市野市町西野の河野みね子さん。「お気に入りの布で作った小物を誰かが使ってくれたらうれしい」という河野さんの思いを伝えようと25日、家族らが遺作展を開く。

 着物の帯を使ったクッションカバー、一閑張りのバッグ、ちりめん素材の季節の飾り…。布集めが大好きだった河野さんが残した100点ほどの作品が、20畳の和室に所狭しと並んでいる。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ