2021.07.04 08:31

JR四国観光列車1周年祝う 須崎駅で中高生が和太鼓披露

観光列車の乗客らに和太鼓の演奏を披露する明徳義塾中学・高校生(須崎市のJR須崎駅)
観光列車の乗客らに和太鼓の演奏を披露する明徳義塾中学・高校生(須崎市のJR須崎駅)

 JR四国の観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」が4日で運行開始1周年を迎え、停車時間が19分と最も長いJR須崎駅で3日、記念のセレモニーが行われた。

 土讃線高知―窪川間を走る観光列車は、新型コロナウイルスの影響で一時延期されたものの、昨年7月4日に運行を開始。土日を中心に1日1往復し、1年で154日運転した。JR四国によると平均乗車率は75%で、コロナ禍の中でも高いという。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ