2021.06.21 08:36

低空から幡多路眺め興奮!!FDAの高知県西部遊覧ツアーに80人

四万十川河口など普段は見られない景色が窓の外に広がった(四万十市上空)
四万十川河口など普段は見られない景色が窓の外に広がった(四万十市上空)
 フジドリームエアラインズ(FDA)が20日、高知県西部などを巡る遊覧飛行を行った。低空から足摺岬や四万十市街地など、普段は見られない景色を満喫した乗客は「また乗りたい」とにっこり。梅雨の晴れ間の小旅行を喜んでいた。

■関連記事
FDA楠瀬社長(高知市出身)来月1日から全便再開「明かりが見え始めた」

 新型コロナウイルス下で減便が増える中、同社は余剰機材を生かしたツアーを企画。昨年度は全国で99回開催した。高知では今回が初の実施で、運休中の神戸便(84人乗り)の機体を活用。県内に住む2~85歳の80人が参加した。

 一行は午後2時に高知龍馬空港を離陸し、一路、足摺岬へ。通常運航では7千~8千メートルを飛ぶが、この日は1600~2千メートルの低空飛行。20分後に機長のアナウンスで岬の灯台を確認した乗客からは、感嘆の声が上がっていた。機体はここで旋回し、四万十川沿いを北上。鳥形山、石鎚山を上空から楽しんだ後、午後3時15分に着陸した。

飛行機の窓にかぶり付いて景色を楽しむ子ども
飛行機の窓にかぶり付いて景色を楽しむ子ども
 非日常感たっぷりのフライトに、乗客は大興奮。窓の外を食い入るように見つめ、しきりにカメラのシャッターを押していた。母親と2歳の弟の3人で参加した香美市の岡本拓巳君(7)は、「久しぶりに飛行機に乗れて楽しかった。(鳥形山の)鉱山を見たことなくて、すごかった」と声を弾ませていた。(村上和陽)

ページトップへ