2021.06.17 08:37

龍馬マラソン規模縮小も、コロナ注視し8月中旬判断 実行委員会総会

 来年2月20日に行われる「高知龍馬マラソン2022」(高知陸上競技協会、県、高知市、南国市、土佐市、高知新聞社、RKC高知放送など主催)の実行委員会(会長=浜田省司知事)の第1回総会が16日、高知市内で約70人が出席して開かれた。実施方針を確認するとともに、新型コロナウイルスの感染状況などを見ながら、規模を縮小した開催もあり得ることを承認した。

 22年大会については、通常開催(フルマラソン1万人、ファンラン500人)だけでなく、縮小開催(6500人、500人)も想定。ランナーらの安心・安全の確保▽スタッフ・ボランティアの確保▽開催に必要な経費の確保▽同時期・同規模のマラソン大会が開催方向―の条件を勘案し、総合的に判断するとした。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ