2021.06.16 08:36

使用済み注射針を80代女性に刺す 高知市、ワクチン接種で事故

 高知市内の病院で14日、看護師が新型コロナウイルスワクチンの接種で、使用済みの注射針を80代女性に誤って刺す事故があった。女性の体調に異常はないという。同市が15日に発表した。

 同市によると、看護師が接種した高齢者が出血。注射器に、使用前に付いていたキャップを再度かぶせて置き、止血した。

 看護師は、その注射器を未使用と勘違い。後から来た80代女性に刺し、ワクチンが入っていないことに気付いて抜いた。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ