2021.06.09 08:36

高知県内合併10市町の支所縮小、職員半減で本庁と格差

 「平成の大合併」を経験した高知県内10市町で、旧町村ごとに設けている支所(分庁舎含む)の縮小が進んでいる。人口減や行財政改革に伴い、全体の職員数が合併時に比べ1割弱減ったのに対し、支所の減少幅は5割超。支所にあった課の統廃合も進み、合併後13~17年を経て本庁舎のある中心地域と周辺地域の〝役場格差〟が鮮明化している。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース行政

ページトップへ