2021.05.17 08:41

高知・物部川流域の味が弁当に ツアー限定「ものべん」好評

物部川流域の旬の食材を詰め込んだ3種類の「ものべん」。ツアー参加者しか味わえない
物部川流域の旬の食材を詰め込んだ3種類の「ものべん」。ツアー参加者しか味わえない
5/23に提供
 シシトウ、シイラ、四方竹といった物部川流域の食材を詰め込んだ観光ツアー参加者限定の弁当「ものべん」が好評だ。香南、香美、南国の3市の観光業者らで組織する物部川DMO協議会が2年前から開発し、このほど3種類目が完成。協議会は「3市のPRの目玉の一つに」と期待している。

 ツアーを開催する同協議会が「弁当でも3市の発信を」と発案。一昨年夏の山北ミカン摘果作業ツアー(香南市)で初めて提供し、昨秋のユズ収穫体験ツアー(香美市)でも新作を振る舞った。

 今月、南国市内でのツアー用にと、第3弾の試作に着手。14日、レストラン「グドラック」(明見)での試食会で前2作と共に披露され〝3兄弟〟がそろい踏みした。

 この日並んだ弁当には、イタドリの炒め物や田舎ずし、四方竹の炊き込みご飯、シイラの山北みかんバタームニエル、ニラ塩焼きそばなどがぎっしり。

 初登場した第3弾は、南国市産のちりめんを使ったご飯、香南市産のシイラ、香美市産ナスのフライなどで構成。試食した関係者は「一度に3市を食べている感じ」「『南国市のシシトウは生産量日本一』など、お品書きでPRしては」などと感想を述べ合った。

 同協議会は今後、弁当の包装紙を統一し、ツアー内容に合わせた旬の素材も活用する考え。担当者は「3市の自慢の食材を通じ、古里に誇りを持つきっかけにもしたい」と話している。(横田宰成)

「山北みかんたび」ツアーで
 摘果体験を中心とした23日の「山北みかんたび その壱」ツアーで「ものべん1号」を提供する。定員15人で参加費は1人4600円。問い合わせは同協議会(088・802・5050)へ。

カテゴリー: 観光高知のニュースグルメ香長

ページトップへ