2021.05.10 08:40

高知市城西公園でコゲラが子育て 愛鳥週間5/16まで

穴から顔を出したひな。餌が運ばれるのをじっと待っている(写真はいずれも高知市越前町1丁目)
穴から顔を出したひな。餌が運ばれるのをじっと待っている(写真はいずれも高知市越前町1丁目)
 キツツキの仲間のコゲラが、高知市の城西公園にある桜の木で、こつこつと子育てに励んでいる。

 コゲラは体長15センチほどで、「とても小さな日本のキツツキ」という意味の英名を持つ。他の種と同様、丈夫なくちばしで木に穴を開けて巣をつくり、夫婦一緒にひなを育てる。卵は5~7個ほど産むという。

巣から飛び立つコゲラの親。ひっきりなしに餌を運ぶ
巣から飛び立つコゲラの親。ひっきりなしに餌を運ぶ
 巣があるのは、公園内の桜並木の1本。幹に直径4センチほどの丸い穴が開いており、5月に入ってからは愛らしく顔をのぞかせるひなの姿が見られるようになった。保護色で木肌にうまく溶け込んでいるが、時折、「ごはんまだ~?」というように上下左右を見回す。

 やがて親鳥が、くちばしいっぱいに小さな虫を挟んで帰宅。口移しで餌を受け取るとすぐに奥へ引っ込んだ。間口が狭いため、餌やりは1羽ずつ。次はまた別のひながぴょこんと顔を出した。

 10日から16日までは愛鳥週間。耳を澄ませば、山でも町でも野鳥のさえずりが流れている。(森本敦士)

ページトップへ