2021.05.04 08:35

小松(四万十市)東京パラなるか カヌー歴2カ月でW杯へ

「出場するからには、東京パラの切符をつかみ取る」とトレーニングを続ける小松沙季 (四万十市の安並運動公園)
「出場するからには、東京パラの切符をつかみ取る」とトレーニングを続ける小松沙季 (四万十市の安並運動公園)
 東京パラリンピック出場を懸けたパラカヌーのワールドカップ(W杯)ハンガリー大会(13~15日)に、四万十市の小松沙季(26)=高知県カヌー協会=が参戦する。本格的に競技を始めて2カ月で挑む大舞台。「周囲の評価に気持ちが追い付くまで時間がかかりましたが、強化合宿に参加する中で自覚が出てきました。出場するからには東京パラの切符をつかみ取ってきます!」と意気込んでいる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ