2021.04.30 08:50

サッカー天皇杯高知県予選 高知大 連年の決勝進出 KU南国とのPK戦制す

【KU南国―高知大】後半27分、高知大の濃野=中央=が左足で決めて1―0とする(春野球技場)
【KU南国―高知大】後半27分、高知大の濃野=中央=が左足で決めて1―0とする(春野球技場)

 サッカーの天皇杯県予選第4日は29日、春野球技場で準決勝1試合を行い、高知大がKUFC南国を1―1のPK戦の末に下し、2年連続の決勝進出を決めた。5月9日の決勝で、スーパーシードで6連覇が懸かる高知ユナイテッドSCと対戦する。

 高知大は前半我慢の試合展開。積極的に仕掛けるKU南国の攻撃を体を張ってしのいだ。後半はパスサッカーで主導権を握り返すと27分、FW東風平のラストパスに、抜け出したMF濃野が左足で流し込んで先制点を挙げた。PK戦では、5―4で迎えた6人目をGK門田が止めて勝利をつかみ取った。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ