2020.06.20 08:40

虚ろな税 奈半利事件の実相(12)仕組み 誰も損してないがよ

 「ふるさと納税」で全国有数の寄付金を得ていた高知県奈半利(なはり)町の職員と親族、返礼品業者が贈収賄容疑で次々と逮捕された。海辺の町でいったい何が起きていたのか。この制度はなぜ生まれ、できた制度は何を生んでいるのか。高知新聞の報道部と地元支局が事件の実相を追う連載「虚(うつ)ろな税(ちから)」は、高知新聞Plusで全文読むことができます。
 
柏木雄太と親族らの逮捕を受け会見する町長の竹﨑和伸=左=ら(5月25日、奈半利町役場)
柏木雄太と親族らの逮捕を受け会見する町長の竹﨑和伸=左=ら(5月25日、奈半利町役場)
 返礼品の取引に親族を深く関わらせた奈半利町職員、柏木雄太の“ファミリービジネス”は、町内の返礼品業者を巻き込みながら拡大していった。
 
 □■ 
 
 「肉の返礼品が足らん。全部俺が手配するき、やらんか?」
 
 町内の男性(42)は2016年、小中学校の同級生だった柏木から誘われた。
 
 男性が「経験がない」と断っても、柏木は1年以上誘い続けた。必要な資格の手配、保健所との折衝、町への代金請求まで段取り、ポークステーキなどの返礼品ができると、ふるさと納税の「お楽しみコース」にすぐ組み込んだ。
 
 柏木から紹介された精肉店の仕入れ値は1キロ3千円で、市価の2~3倍。男性は、柏木の叔父の店とは知らなかった。注文すると、別の卸業者からトラックで肉が届いた。
 
 いぶかしんだ男性が仕入れ先の変更を申し出ると、...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ