2024年 06月24日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法
県体写真

2024.05.29 08:28

県内看護学校の新入生、9年で半減 少子化や大学志向強まる 高知市でも不足に危機感

SHARE

新入生の減った看護専門学校。講義は1クラスで行われるようになった(高知市内)

新入生の減った看護専門学校。講義は1クラスで行われるようになった(高知市内)

 看護師を目指し、県内の専門学校などに入学する生徒が近年、大幅に減ってきた。ピーク時の2015年度に800人を超えていた新入生は本年度435人と、9年でほぼ半減。少子化に加え、大学志向の高まりが要因という。高齢化とともに医療需要が高まる中、看護師不足は高知市など県中央部の医療機関でも起きており、現場からは将来を不安視する声が上がっている。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 医療・健康 教育

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月