2024年 06月24日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法
県体写真

2024.05.28 08:45

もったいない!年間5トン 捨てられるブリの胃袋に活路  コリコリの「ブリホルモン」高知県宿毛市の養殖業者

SHARE

新商品のブリホルモン(写真はいずれも宿毛市新港の勇進)

新商品のブリホルモン(写真はいずれも宿毛市新港の勇進)

 宿毛市で養殖ブリなどの加工販売を手掛ける勇進(同市新港、荒木俊慶(たかよし)社長)が、ブリの胃袋を「ブリホルモン」として売り出している。これまで廃棄処分してきた部位を「もったいない」と商品化。コリコリとした食感が特徴で、甘辛く煮付けたり、下ゆでしてさっぱりとポン酢で食べたりするのがおすすめだという。

水揚げ後4時間以内に下処理し、急速冷凍する

水揚げ後4時間以内に下処理し、急速冷凍する

 ブリの胃袋は1匹当たり30~50グラムしか取れない希少部位。傷みやすく、魚が食べたものなどによって臭みが生じる個体もあり、…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 宿毛市 水産・漁業 新商品

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月