2024年 06月19日(水)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法
県体写真

2024.05.24 08:31

カメラのキタムラを築いた男 実業家 北村正志さん(高知市出身)―時代の旅人 あの人に聞く(4)

SHARE

「明るく朗らかのびのび」がキタムラのモットー。北村正志さんも朗らかな笑顔で(東京都新宿区の北村写真機店=井坂英彰撮影)

「明るく朗らかのびのび」がキタムラのモットー。北村正志さんも朗らかな笑顔で(東京都新宿区の北村写真機店=井坂英彰撮影)

 90年前の1934(昭和9)年、高知市堺町の電車通りに間口2・7メートルの小さなカメラ屋が開業した。

 大卒の初任給が70円くらいの時代。当時カメラはまだ珍しく、「ライカ1台で家が建つ」と言われた。

 そのころ高知県内に5、6軒あるカメラ屋の一つだった「キタムラ写真機店」。今や写真に特化した専業チェーンとして、全国至る所で目にする「カメラのキタムラ」の始まりの店だ。

 その家の長男として41(昭和16)年に生まれ、家業を変貌させたのが2代目社長で、現ファウンダー名誉会長の北村正志さん(83)=川崎市。卸事業が絶好調の時代に小売りのチェーン化に心血を注ぎ、全国千超の店舗網を実現した。

 「千店になるまでには自然になったわけじゃない。一点北極星を見つめて何十年もやるっていう意思はあったんです。あの手この手。素手で崖を登るようにして、店を1軒やるにもどの石をつかもうかと、やってきました」

 昭和初期に高根の花だったカメラは、…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知市 高知の企業 ひと・人物 時代の旅人

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月