2024年 06月19日(水)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法
県体写真

2024.04.17 19:55

新型コロナワクチンで国を提訴 遺族ら「接種促進は違法」

SHARE

 提訴後、記者会見する原告の河野明樹子さん(手前左)ら=17日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

 新型コロナのワクチン接種後に死亡した人の遺族8人と、後遺症になったとする5人が17日、国がリスクを知らせず接種を促進したのは違法で、後遺症を患った後の対応も不十分だったとして、国に計約9100万円の賠償を求め、東京地裁に提訴した。


 東京都内で記者会見した原告の河野明樹子さん(60)=大阪市中央区=は、夫の俊弘さん=当時(55)=を接種2日後に亡くした。「ワクチンを打ったら自己責任というのはおかしい。国は責任を取ってほしい」と涙を浮かべた。桜川博文さん(51)=名古屋市=は接種後、下半身不随などのため車いすで生活しており「人体実験と同じだ。健康な体を返してください」と訴えた。

(c)KYODONEWS

国内・国際 N社会

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月