2024年 04月25日(木)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2024.02.21 08:40

干し芋「ひがしやま」量産を本格化 作り手減少を背景にレシピで効率化 高知県大月町の公社

SHARE

ビニールハウスで天日干しされるひがしやま。ハウスは3棟まで増えた(写真はいずれも大月町弘見の道の駅ふれあいパーク大月)

ビニールハウスで天日干しされるひがしやま。ハウスは3棟まで増えた(写真はいずれも大月町弘見の道の駅ふれあいパーク大月)

 大月町で道の駅を運営する町ふるさと振興公社(弘見)が、町特産の干し芋「ひがしやま」の自社生産を本格化させている。「凝縮された芋の甘みが絶品」と県外などで需要が高まる一方、高齢化に伴い生産者が減少したことが背景。2021年度から試作を重ね、公社の体制に合った製法を確立し、23年度は720キロを生産した。

 同町のひがしやまは、…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 大月町 グルメ 地域おこし 経済・産業

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月