2024年 02月27日(火)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知龍馬マラソン2024写真販売
高知新聞PLUSの活用法

2023.12.04 08:33

はだしで火渡り 厄払い息災祈る 高知市の弘法寺

SHARE

厄払いと無病息災を祈った火渡り(高知市北秦泉寺の弘法寺)

厄払いと無病息災を祈った火渡り(高知市北秦泉寺の弘法寺)

 火の上をはだしで歩き、厄払いと来る年の無病息災を祈る「火渡り」が3日、高知市北秦泉寺の弘法寺で行われた。

 同寺の年末の恒例行事で、35回目。住職の三谷祥元さん(79)によると、素足で火の上を歩くことで「悪いものを本尊さんに直接取ってもらい、逆に良いものを頂く」という。この日は檀家(だんか)ら約200人が集まった。

 僧侶らが念仏を唱えたり刀やおのを振るったりして場を清めた後、ヒノキで組んだ高さ約2メートルの「護摩壇」に点火。「無病息災」「商売繁盛」などと願い事が書かれた護摩木約4千本がくべられた。

 護摩壇が焼け落ちると、三谷住職が「えい」と気合を入れながら、まだ火がくすぶる護摩壇の焼け跡を歩いた。その後を僧侶、檀家らが合掌などしつつ続いていった。

 毎年参加している高知市の池沢瞳さん(37)は「家族の健康を祈りました。来年はみんなの笑顔が多い年になってほしい」。瞳さんに抱えられ、初めて火の上を渡った次女の玲茉(れいな)ちゃん(3)は「足に木がぶつかったけど楽しかった」とけろっとした表情で話していた。(河本真澄)

高知のニュース 高知市 伝統行事・祭り

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月