2024年 03月04日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知龍馬マラソン2024写真販売
高知新聞PLUSの活用法

2023.12.02 08:53

廃業や撤退が相次ぐ弘化台卸売市場、将来像どう描く? 高知市は億単位の経費で補修予定

SHARE

シャッターが下り、店名が消えた空きスペースが目立つ卸売場棟(高知市弘化台)

シャッターが下り、店名が消えた空きスペースが目立つ卸売場棟(高知市弘化台)

 高知県の食を支える高知市弘化台の卸売市場が岐路に立っている。高齢化や取扱高の低下に新型コロナ禍が追い打ちをかけ、場内業者の廃業や撤退が相次ぎ、108小間ある店舗スペースのうち49小間が空き家状態だからだ。市場を運営する市は2024年度以降、億単位の経費をかけて施設の補修を予定する。新たな業者を呼び込むか、今ある店の配置を見直すなどして活性化を図るか。将来に向けた判断を迫られている。

 高知市の卸売市場は1967年、…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知市 高知の企業 行政 経済・産業

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月