2024年 03月04日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知龍馬マラソン2024写真販売
高知新聞PLUSの活用法

2023.11.24 08:40

「メスの折り鶴を折るの高知だけ?」 SNSの投稿が話題に 調べると意外な事実が・・・ そもそも鶴じゃなかった!?【ウェブ限定】

SHARE

雌の折り鶴について投稿し、広く拡散されているXのポスト

雌の折り鶴について投稿し、広く拡散されているXのポスト

 「妹が『メスの折り鶴折るの高知だけらしいよ』って言っててそんなバカな全国民オスもメスも折るやろと思ってアンケート取ってるんだけどまさかまたローカル文化なのか!?あの一般的な折り鶴をオスだと認識してるのは高知県民だけなのか!?」

 19日に「X(旧Twitter)」に投稿されたこんなポストが少し話題になっています。ポストは23日現在、3千回以上リポスト(拡散)され、コメントや引用リポスト欄には「メスの折り鶴って何のことですかね…?」「香川にもメスの折り鶴ありますよ〜〜」などさまざまな反応が寄せられています。

雌の折り鶴=手前=と雄の折り鶴

雌の折り鶴=手前=と雄の折り鶴

 確かに、高知で生まれ育った現在30歳の筆者も、子どもの頃に雄と雌の折り鶴をそれぞれ習い、雌の方が折り方が簡単なので最初はそちらばかり折っていた思い出があります。

 果たして、雌の折り鶴は本当に高知だけのものなのか?調べてみると、意外な結果にたどり着きました。

■「雌だけの千羽鶴も作った」

 冒頭の投稿をしたのは、高知県内在住の女性。Xを通じて連絡し、取材をしました。高知で生まれ育った女性は「子どもの時に雄鶴(おんづる)と雌鶴(めんづる)の折り方をセットで習いました。雌だけの千羽鶴を作ることもありました」と振り返ります。雌の折り鶴は、当たり前の存在だったようです。

 しかし最近、女性の妹から「雌の折り鶴を折るのって高知だけなんやって」と衝撃の連絡が!妹からの提案で、女性はXのアンケート機能を使って調査をしてみることにしました。すると・・・

雌の折り鶴についてX上で行われたアンケートの結果

雌の折り鶴についてX上で行われたアンケートの結果

 アンケートには6850人が回答。結果、雌の折り鶴を折ったことがあるという人がわずか4・2%、逆に「メスの折り鶴???」と存在すら知らない人が95・8%もいました。

 これを受けて女性は「雌の折り鶴は全国的に折られているものだとばかり思っていたので、圧倒的に『知らない』との意見が多いことに驚きました」とのこと。高知育ちの筆者も同じ感想です。

■「雌の折り鶴」は間違い!?

 さて、本当に雌の折り鶴は高知だけの文化なのか。高知新聞の過去の記事を調べてみることにしました。すると、2006年に書かれた雌の折り鶴に関する衝撃の記事が見つかりました。

雌の折り鶴について書かれた2006年の高知新聞記事

雌の折り鶴について書かれた2006年の高知新聞記事

 見出しは「鶴のつもりがスズメ・・・」「正しい折り方知って」。なんと記事の中では、今まで雌として広まっていた首や羽が短い折り鶴は「ふくらスズメ」で、鶴ではないと断定。日本折紙協会高知支部が「正しい折り鶴を知ってほしい」とまで呼び掛けています。雌の折り鶴だと思っていたものはスズメだった!?今までのは間違い!?

 真相を確かめようとしましたが、記事は17年前に書かれたもの。日本折紙協会高知支部には連絡がつきませんでした。ならば本丸だ!と、日本折紙協会(東京都)に電話をしました。すると協会が発刊する「月刊おりがみ」の青木信雄編集長(56)が「時々ある質問です」と、丁寧に答えてくれました。

 「確かに、伝承折り紙の中に『ふくらスズメ』というのは含まれています。『雌の折り鶴』というのは、『ふくらスズメ』の一つの呼び方で、四国や九州ではわりとメジャーです。ただ、関東など東日本ではあまり一般的ではありません」

 青木編集長によると、ふくらスズメには折り方が2種類あり、頭と尻尾のような部分を細く折るふくらスズメが、四国や九州では雌の折り鶴と呼ばれているということです。ちなみに伝承折り紙とは、やっこさんや舟など昔から伝わる作者不明の折り方のことだそうです。

 どうやら、雌の折り鶴と呼ぶのは高知だけではなさそう。ではもう一つの疑問、ふくらスズメを雌の折り鶴と呼ぶのは間違いなのでしょうか?

 青木編集長の見解は「折り紙の呼び方は民間伝承によるもので、地域によって異なります。雌の折り鶴と呼んでも、間違いではありません」。

 おー!これでこれまで「雌の折り鶴」を折ってきた高知県民も一安心です。さらに青木編集長は続けます。

 「そもそも雄の折り鶴の方も、本物の鶴を模していません。あの尻尾のような部分は何かと聞かれることがあるのですが、あれは足とも尻尾とも言えません。折ってできたものを、何かに見立てて呼ぶというのが折り紙なんです」

 なるほど、言われてみればその通りです。ふくらスズメでも、雌の折り鶴でも呼び方は自由。心を込めて折ったのなら、呼び方は関係ないのかも知れません。(楠瀬健太)

高知のニュース WEB限定 街ダネ

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月