2024年 04月18日(木)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2023.05.11 19:00

早稲田大学"踊り侍"―2023よさこい祭り全チーム紹介

SHARE

2022年撮影

2022年撮影


◆チーム名/出場回数/都道府県/踊り子数
早稲田大学〝踊り侍〟、16回、東京都、130人

◆どんな人たちのチーム?
早稲田大学と近隣大学の学生が所属。

◆アピールポイントは?
2023年の演舞名は「仁」。大きな愛という意味で、演舞のテーマは「あなただけの愛を紡ぐ」。どんな人であれ心に持っている「愛」をテーマにすることによって、誰もが自分のこととしてとらえられる演舞になるように考えた。表現を通して「そのままのあなたを大切に、あなたの居場所を大切に」という願いを、踊り子が達成できるように取り組む。 さらに、参加する祭りごとのテーマもある。高知のよさこい祭りは演舞距離が長いため、「絶対ぇ、負けんな」。6月に開かれた札幌市のYOSAKOIソーラン祭りのテーマは「全力バカ空間」だった。

◆音楽は?
かっこいい雰囲気の太鼓の音で始まり、今を楽しむようなテーマパーク風のメロディーを経て、しっとりしたバラードに。場面ごとに違う雰囲気を感じられる作り。

◆踊りは?
3部構成。1部ではまっさらな心の「ただの自分」として踊り、2部で愛に気づける4つの状況に触れ、3部で自分だけの愛を紡ぐ。踊り侍らしさあふれる、法被を脱いで雰囲気をがらっと変える演出に注目を。

◆衣装は?
法被の前側は「まっさらな自分」を表す白。後ろ側は「永遠の愛」を花言葉に持つ桔梗(キキョウ)色。法被を脱ぐと「あなただけの愛」の色を否定しないように黒いノースリーブが現れる。心臓の位置にあしらった「仁」の文字は、線が背中全体につながっており、愛が全身に広がる様子を表している。

◆地方車は?
学生が手作りする。装飾パネルは郵送し、一部の部品はメンバーが飛行機で運び、高知で組み上げる。

◆鳴子は?
「愛」が花言葉の朝顔の絵をあしらい、全員が愛を持っている様子を表現する。

2018年撮影

2018年撮影

2015年撮影

2015年撮影

2013年撮影

2013年撮影

2012年撮影

2012年撮影


2023年撮影、チーム提供

2023年撮影、チーム提供


2023年撮影、チーム提供

2023年撮影、チーム提供


2023年撮影、チーム提供

2023年撮影、チーム提供


2023年撮影、チーム提供

2023年撮影、チーム提供


2023年撮影、チーム提供

2023年撮影、チーム提供


2023年撮影、チーム提供

2023年撮影、チーム提供


2023年撮影、チーム提供

2023年撮影、チーム提供


2023年撮影、チーム提供

2023年撮影、チーム提供


2023年撮影、チーム提供

2023年撮影、チーム提供



情報は随時更新します。今年はどんな踊り?お楽しみに!

【チーム関係者の方へ】→過去の本番や、練習中の写真を掲載しませんか?LINE窓口へどうぞ!

特集 よさこい祭り

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月