2024年 04月21日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2023.05.11 19:00

THE LAST TAKE(西高・南高OB合同よさこいチーム)―2023よさこい祭り全チーム紹介

SHARE


◆チーム名/出場回数/都道府県/踊り子数
THE LAST TAKE 西高南高合同よさこいチーム、1回、高知市、40人

◆どんな人たちのチーム?
統合し、2023年に歴史に幕を下ろした高知西高・南高の卒業生が主体となり、合同チームを立ち上げた。「THE LAST TAKE」は「1年限り」という意味。

◆アピールポイントは?
よさこいと同じく「前へ前へ」進む母校と、70回目のよさこいに踊り子みんなでエールを送る。 両校で最後の思い出をよさこいで飾る。爽やかな青の衣装で、新しい風を起こす。

◆音楽は?
高知県出身のバンド「アイリーン・フォーリーン」のリーダー、安岡孝章さんのオリジナルソング。 「エールを送ろう。君の旅立ちに」「輝く未来へ 夢の航海へ」と卒業生たちを鼓舞するような歌詞が特徴。西高、南高の吹奏楽部卒業生による演奏を事前に録音し、本番もそれを流すとともに、吹奏楽部隊を結成し、生演奏も披露する予定。

◆踊りは?
振付師は数々のよさこいチームを手掛けた田村千賀さん。みんなの一体感を表した振り付けとなる。

◆衣装は?
両校の制服のイメージから青が基調。両袖にそれぞれの校章をあしらった。宿毛市の縫製会社「マシュール」さんが製作。



情報は随時更新します。今年はどんな踊り?お楽しみに!

【チーム関係者の方へ】→過去の本番や、練習中の写真を掲載しませんか?LINE窓口へどうぞ!

特集 よさこい祭り

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月