2024年 04月21日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2023.05.03 19:00

り組(高知県理容生活衛生同業組合)―2023よさこい祭り全チーム紹介

SHARE

2022年撮影

2022年撮影


◆チーム名/出場回数/都道府県/踊り子数
り組、17回、高知県、70人

◆どんな人たちのチーム?
県内理容店で組織する組合が母体。踊り子のリピーターが多い。テーマによって衣装ががらりと変わる。

◆アピールポイントは?
 これまでさまざまな「もしも~だったら」シリーズを行ってきた。 今回は「もしも、パーマ液製造機が盗まれちゃったら…宇宙で唯一のパーマ液製造機奪還大作戦!」。世界的なパーマネント危機をみんなで戦って乗り越えていく。ストーリーはこんな感じ。ある腕利き職人のいる村でパーマをかけようと思った「ピンドメ・カミダラケ」。その村では帝国軍が、宇宙で唯一のパーマ液製造機を持ち去った事件が発生。そこでカミダラケは奪還作戦を計画。レゴミー・タロー船長のもとで精鋭が集められた。作戦は成功するのか?カミダラケは無事、パーマをかけられるのか?!

◆音楽は?
よさこいで数多くの楽曲を手掛けてきた山岡修一さん(高知市)に宇宙規模のテーマソングを作ってもらった。世界の平和を守る内容。壮大な宇宙を感じられる曲調。

◆踊りは?
踊りの得意なメンバーが考えた振り付け。パーマ液製造機奪還へ、勇ましい雰囲気。最後にみんなで勝ちどきをあげるシーンに注目を。

◆衣装は?
どこかで見たことのあるような戦いの勇者のコスチューム。赤と青を基調とした衣装に、黄金色のマント、白のはちまき。衣装づくりをなりわいにしているスタッフがメンバーにおり、精魂込めて作っている。

◆地方車は?
イメージとしては飛ばない宇宙船。

◆鳴子は?
普通の鳴子、演出上は武器。何人かは光る剣を持つ。

2017年撮影

2017年撮影

2016年撮影

2016年撮影

2011年

2011年


情報は随時更新します。今年はどんな踊り?お楽しみに!

【チーム関係者の方へ】→過去の本番や、練習中の写真を掲載しませんか?LINE窓口へどうぞ!

特集 よさこい祭り

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月