2024年 04月18日(木)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2023.05.03 19:00

よさこい塾・ありがた屋―2023よさこい祭り全チーム紹介

SHARE

2019年撮影

2019年撮影


◆チーム名/出場回数/都道府県/踊り子数
よさこい塾・ありがた屋、8回、三重県、70人

◆どんな人たちのチーム?
高知のよさこいに感動した代表が、拠点とする三重県で仲間を集めて2003年に結成した。3~60代。平均年齢33歳。

◆アピールポイントは?
結成20周年。テーマは「キミヲモフ」。ありがた屋にこれまで関わってきた人はもちろん、よさこいに関わっている全ての人たちへの感謝の気持ちを込めて演舞する。

◆音楽は?
歌詞は代表が考えた。曲の前半部分でラップパートがある。

◆踊りは?
激しい振り。踊り子が心の底から楽しんで踊る姿を見てほしい。年明けから、練習を重ねてきた。隊列が二手に分かれてお客さんの方に近寄ってきたら、うちわなどで応援を!

◆衣装は?
青と青の2パターンの衣装。よさこい70年を記念するめでたい雰囲気を意識した柄にする。背中に高知県の地図を一筆書きした模様をあしらっている。

◆地方車は?
「高知に生まれたかった…」の地方車でおなじみ。2019年、地方車奨励賞に輝いた段ボール製の地方車を今年も代表が作っている。一段とパワーアップした地方車にご注目を。

◆鳴子は?
代表は以前、北海道のYOSAKOIソーラン祭りで踊っていた。そこでは鳴子を鳴らす文化はなく、初めて高知のよさこいを見た時、小さな子どもも上手に鳴子を鳴らしながら踊る姿を見て、感動し、ありがた屋を結成した。チーム結成20周年となる今年、何か特別なことがしたいと、特別な手作り鳴子が登場する。

2023年撮影、チーム提供

2023年撮影、チーム提供

2019年撮影

2019年撮影

2017年撮影

2017年撮影

2023年撮影、チーム提供

2023年撮影、チーム提供



情報は随時更新します。今年はどんな踊り?お楽しみに!

【チーム関係者の方へ】→過去の本番や、練習中の写真を掲載しませんか?LINE窓口へどうぞ!

特集 よさこい祭り

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月